もふあらば参上!

もふもふ大好きなへたれ生産者のエリンでの楽しい日々と生活   ~since:2008.08.03~

leaf このページ内のエリンの日々の記憶

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

※こちらは、メインストリームG1のネタばれ満載の記事です。

ネタばれと申しますか…そのままぺたりだったりするので、まだ始められていない方はどうかご注意くださいませ。


遠い昔にクリアされました方は、しばしの間、遠い目で太古の記憶(ちがう)などを懐かしんでいただけたら、と思います。←ちがう







ある日、エリンにぽろりと降り立ちました一族は、その後ちまちまと冒険するうちに…。
ふと黒い翼の女神さまからへるぷみー!…じゃなかった、へるぷ!えりん!!てぃるなのーい!などという、よくわからない内容の救援要請をいただきます。

G1のはじまりです。

………一族は、はじまったままエリン時間何百年も経過しましたけれども。

でも、だいじょうぶみたいです。
エリンは勇者がいなくても、だいじょうぶみたいなの。←言い訳


とりあえず、ダンカン村長からの雪だるまクエストのみを完了させて。
一族のメインストリームは終了。←こらーっ

……。
………。

………のはずだったのですが、この度ちまちまともりわかさまで進めてみることに。

なぜ、もりわかさまかといえば。
PT必須のダンジョンに行けるからでした。

…………ぽろり。←涙



そんなわけで、ある日。
ぱんだなかたに泣きついて、もふもふな紳士さんをも拉致して…。

伝説の三戦士になってみました。

SSが探せないので、あとからこの《タルラークのロケット》にいたるまでのあれこれについては、そーっと記事を書くとして…。

とにかく、三戦士です。
かもんなの、勇者たちよーっ!!




たるくまろけっと

ダンバートンのスチュアート先生からいただいたタルラークのロケットを、ぽとりとアルビダンジョンの祭壇に落とします。 捧げてみました。


…………すると…。




伝説の三戦士

あっ。




ルエリ

いかにもガキ大将という感じの、ルエリさん。
本日の中身はもふもふの紳士さんです。






マリー

ま……。

まりいーいいいいい!!Σ(・▽・)

予想外にかわいらしいです、マリー!
はあはあはあ。←危険

本日の中身は、ぱんだなかたであります。






ルエリ

レイナルド先生は、この頃まだぴちぴちだったようですよ。←ひどい
今でも、キャラのお顔はぴちぴちですが!


………ファーガスさんだけ特別枠のお顔なのですね……。







タルラーク

人との助けあいを根本精神とするらしい、マビノギならでは一面がよくあらわれている気がする、このお言葉。

だが、しかーし!!
時にはそのせいで、流した涙の海でぶくぶく溺れそうになっているミレシアンもいることを、忘れないでくださいなの、ねくそんさん。
おもにイベントとかイベントとかイベントとか…。←しつこい





二人の台詞

ものすごく納得してしまう、マリーの台詞。

そういえば、ティルコネイルはそういうお土地柄でしたね。
現在のティルコネイルは微妙ですけれども。

誰とは言いませんが、自称自警団員とか。
へっぽこ鍛冶屋とか。
………頼りなげな雑貨屋とか。
夢見る放牧少年とか。


今、何かに攻めてこられたら男性陣はいちころだと思いました。










いざ!

短めのムービーが終了し、本番のRPタイム。


伝説の三戦士が、今!
アルビダンジョンに…!!






まりーいいい!!

ま。

まりーいいいいい!!!Σ(>▽<)←しつこい

なんでしょうか、このちまちまちょろちょろとしたいきものはー!!
ルエリさんの足の下をすいすいくぐり抜けられる、このちびっちゃさはーあああ!!

……がふうがふうっ。←鼻血

ルエリさんもかっこいいです。
どきどき。

大興奮の中、ダンジョンに突入です。





ちなみに……。

たるすて

おすましタルラークさんの、ステータスはこちら↑

19歳。

ぴちぴちのお年頃です。
精神年齢は五百歳ぐらいになっていそうですけれども。

青二才ということが、とても信じられないた眼鏡魔法士(ちがう)さんでした。




ステータス

レベル56。

うらやましすぎます。

そして、上の上のSSのようにINTが突出しております彼ですが。






戦う三戦士

魔法なんて使わせーん!!Σ(・□・)

あまりにも天高くくるくる回る楽器が楽しくて、ずっとぶっ叩いておりました。

一般のミレシアンでも、ここまで高くあがるものでしょうか、楽器。
そうであるならば、これからは武器を剣に持ち替えて冒険しようと思いました。






戦う三戦士

ああああああ。

かわいいいいいいい!!


もはや、戦闘のことなどあたまに残っていない、危険なタルラーク。






ひとやすみ

ダンジョン自体はただのアルビ通常のようでしたので、三戦士はらくらくボス部屋前まで到着。




ひとやすみ

休憩スキルが高いのか、低すぎるのか。←見なかった
それともローブのせいなのでしょうか。
トロールさんまたは初心者服ほかと同じ座り方のタルラークさん。




ひとやすみ

ルエリさん、男前に映っています。
とても立ち絵の絆創膏小僧と同じ人物とは思えません。

憂い顔なのですけれども!
ふっ…とか苦笑しちゃいそうなのですけれども!!




ひとやすみ

まりいいいいいい!!

はあはあはあ…っ。







ひとやすみ

ムービーのあとは、三人の会話が始まります。



会話
会話
会話

今明かされる、あれこれの事情!
………と三人の力関係。




会話

短い休憩はあっという間に終わりを告げて。
いよいよ、最終ボス戦へと続くらしいです。

最後まで見届けます。
えいえいおー。






最後まで見届ける決意の顔↓
へらり

へらり。





はあはあ

ルエリ、逃げてーえええ!!Σ

タルラークさんファンの皆さま。
どうか怒らないでくださいなの。




変顔と萌えるくま

忘れないうちに、記念撮影をぱしゃり。





変顔

左下に、「そんなマリーは愛せない」とありますけれども。

大丈夫です!
たぶん愛せます!!
ばっちりです。


それにしても…。
タルラークさん、変顔がまるで違和感ないのですが。

いいのでしょうか、これで。


そして、ダンジョンに入る前にPVP機能をONにしていなかったー!と、がっかりするマリーとルエリさんなのでした。

……。
………。

《どきっ!家政婦は見た!ダンジョンに奥深く広がる愛と欲望の三角関係!?》
……とかにならなくて、本当に良かったと思いました。








突撃

そんな心配をよそに、三戦士はボス部屋に突撃です。

約一名、腰が引けてるようなポーズのドルイドがおりますけれども。
戦力的には問題なし!
むしろ、いなくても問題なしです。
たぶんアルビ通常のはずですしね!!




かなしいインベ

戦う三戦士と哀しいインベ。

全部30POTというのが、何故か涙を誘います。
……ぽろりぽとり。

きっと、このクエストが作られた頃には、100POTとか300POTシリーズなどといったお品はこの世に存在しなかったのでしょう。
…………または、タルラークさんがただ貧乏なだけ…ごふごふっっ。






ムービー

美しいほどにすっきりしすぎているインベに、うっかり気を取られておりますうちに…。



ムービー

ててて…。



ムービー

ムービーと同じく、ルエリ@もふもふな紳士さんがボス戦に決着をつけました。





会話

眼鏡ドルイドが話に食らいついています。



会話

なるほど、なるほど。
それってどういうことなのでしょうか…。

……………と、ぐいと身を乗り出したとたんに…。





ただいまなの

クエスト完了。

ぽい、と外に放り出されていました。


えええええー。

も、もうちょっとこう……余韻を……ぶつぶつ。




ただいまなの

ぶうぶうこぶたになっていても仕方がありません。
とりあえず、一族の誰一人として達成したことのなかった、タルラークのロケットのクエストが終わりました。
わーい、わーいっっ。

紳士さんとぱんだちゃー。
お手伝いしてくださいまして、まことにありがとうございましたーっ。

綺麗なおねえさまたちなのです、どきどき。

目がうるうると、うっとりしているもりわかさま。
飼い主もうっとりです、はあはあ。

どうか、いつかまたよろしくお願いしますなのー。←こらーっ
どきどきどき…。









【主観に基づくあらすじ】

もともと、マリーとルエリとタルラークが知り合いだったのか…。
それとも、今回のことで知り合って、マビノギ設定資料集にあるように(ルエリとマリーが)≪喧嘩ともだち≫として仲良くなっていったのかは明記されていませんでしたけれども…。
台詞のあれこれから考えますと、おそらく、前者……でしょうか?

マリーがレイナルド先生に言われて単独でアルビ通常ダンジョンに挑もうとしたところ…。
「女の子ひとりでそんなところに行かせるなんて…!」
と、意外に紳士的なルエリとたぶん巻き込まれたっぽいタルラークが護衛としてついてきてくれたようです。

レイナルド先生…!Σ(・□・)こんなところでお名前が

若い先生とか言われているので、この頃の先生はお若かったようです。

エリンに一族がおぎゃあと生まれたときは、すでに先生はお年よ……ごほんごほんっ、ええと。
少し年上のかたになっておりましたので、予想外でしたが。

時系列どうなっていますか!Σ

伝説の三戦士とかいうから、千年ぐらい前のお話とか思ってしまいましたが、わりと近い伝説でした。

こうまで時間軸が近いと《伝説》の意味がちがってきますね。


「俺は、ラーメン屋で伝説を打ち立てたんだぜ!」


………とかと、何だか似たようなにおいがぷんぷんしてきましたが!←ちがう




この時点で、マリーは9歳か10歳(窓で見ると10歳表記だったらしいです)
ルエリ、19歳。←たぶん
タルラーク、19歳。←SS参照

そして、レイナルド先生が謎の若いひと。
(現在のエリン…というか、レイナルド先生のRP時点では、歳らしいです)



さてさて。
レイナルド先生に言われたとおり、ダンジョンに入るマリー&その子分たち。←まちがい

憤慨するルエリに、マリーは、自分の記憶がないことが何か関係あるかも…などととりなします。
どうやら、マリーはこんなにちびちびなのにもかかわらず、記憶がない部分があるようです。
へっぽこ一族などは、そんなのしょっちゅうですが!←こらーっ

それにたいして、タルラークさんはタルラークさんで、失くしてしまいたい記憶がある的アピールをして、影のある男という立ち位置をアピールしています。


ミレシアン的にはごくごく見慣れたアルビ通常ダンジョンを、一行は進み…。
ボス部屋にいた巨大クモも倒して、クエストは終了。

ダンジョン内の白クモたちを見て、何か変だと感じ始めている年長組。
途中の休憩中に、そんな話をしてみたり。
今までこんな大きなクモなんて見たことがない!
……などとびっくりしてるルエリですが、こっちの方がびっくりです。

凶暴化するしないはともかく、エリンの蜘蛛はずっとあんな大きさなのかと思っていました。

異常だったー!!?Σ(・□・)

ますます、くもきらーいとなる飼い主とその一族。←ひどい




…………こうして…。
タルラークのロケットクエストは、マリー・ルエリ・タルラークの心の中に「何かがエリンで起こり始めている…」という疑念の心を植え付けるのと同時に……。

一族と飼い主の心の中にも。

もしかして、エリン本来の蜘蛛はこんなに巨大で気持ち悪くなかったーっっ!?Σ(・□・)

という、何にぶつけたらいいのかわからないやるせない憤りのようなものを芽生えさせたのでした。

………おもに紡織修練的な意味合いで!

きー。←ハンカチ噛んだ!

ちまちまとかわいいサイズの蜘蛛でしたら、もしかしてもしかすれば、糸拾いも楽しかったかもしれないのです。

おのれなの…。
許さないの、影の黒幕…。

きー。←ハンカチおかわり




レースのハンカチをかみかみと噛みしめながら…。
かくして、次はアイラさんの書店へGO!

またの機会にお会いいたしましょうなのー!!←こらーっ




本当は、メイブンさんとのお話でした…。
すでにだめすぎる





スポンサーサイト
テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム
posted at 23:41 | G1 | TB(0) | CM(0)

※こちらは、メインストリームG1のネタばれ満載の記事です。

ネタばれと申しますか…そのままぺたりだったりするので、まだ始められていない方はどうかご注意くださいませ。


遠い昔にクリアされました方は、しばしの間、遠い目で太古の記憶(ちがう)などを懐かしんでいただけたら、と思います。←ちがう









ものすごくちょっぴりですが、G1の続きです。
現実時間では、10/25日。
きっとこの日は一年分ぐらいの冒険をしたと思います…。←だめすぎる

前回の記事のおしまいに、
「次はアイラさんの書店へGO!」
………などと元気よく書いてありましたけれども。

実際は、ティルコ村でご老人のお話に耳を傾けなくてはならなかったのでした。
とぼとぼ…。

そんなわけで、聖堂へGO!
エリンで1、2を争う影の薄さのメイブンさんに、お話をうかがいに参ります。






メイブンんさん

タルラークのメモリアルダンジョンをクリアしましたところ、いただけたキーワード、《女神モリアン》を使って、おじいさん メイブン司祭に話しかけますと……。

一冊の御本とともに…。


シドスネッターの夜

新しいキーワード、《シドスネッターの夜》をいただきました。

そして、キーワード《女神モリアン》は消えてしまいました。

しまったなのー!Σ(・□・)

もっといろいろな村人たちに無駄に聞いて回ろうと思っておりましたのに…。
うっかりです。

でも消えてしまったものは仕方がありません。
とぼとぼと次に進みましょう。
キーワードの説明から、人間版たるらっくまー(まちがい)に会いに行けばいいのですね、と思いましたが。


ご老人のお話は、まだ続いていました。

会話

キーワードの説明と同じ内容です。
さすがご老人です。

そして、いきなりただの通行人が実は事件の重要な鍵を握っていた!感じの立ち位置になっている、メイブン司祭。

なぜタルラークのことを知っていますか。

事情や関係のあれこれは、そのうち出てくると思いますが。
この調子ですと、いろいろな秘密を実は知っていた、という村人も出てきそうです。

ティルコネイルの立ち番トレボーが実は………実は…………。
いえ、どれほど考えてもトレボーはトレボーのままくさいので、たとえばケイティンさんが実はこの一帯をかつて守っていた女騎士だった、とかノラが王さまの孫だったとか。
手が滑りまくる鍛冶屋はイメンマハの惨劇で手を負傷した元騎士だったとか。

何でもありそうな気がしてきました。←むり





キーワード

シドスネッターへ出発する前に、こちらのキーワードでメイブン司祭にさらにお話をうかがおうとしましたけれども。



会話

お話は打ち止めのようでした。






タルラークさんへ!

しぶしぶと、ふたたびシドスネッターへGO!
あの道は、障害物が満載でひっかかりまくるので、あまり好きではないのでした。
灯りがなくて夜道は暗いので、ますますひっかかります。
わがPCでは、人物やコヨーテの名前しか見えません。

ぱんだちゃ、がっつんがっつんごめんなさいなの…。






本

そういえば、いただいたご本の内容は、こちら。


本

著者はアイモンさんという方。

本
本
本
本
本
本

ピンチになった人間を魔族の猛攻から逃すために、自らの身体を犠牲にしたらしいです。←ものすごい要約

石になってしまっただけかと思っていたのですが…。
そして、その石の中に女神モリアンの魂が封じられているとかなのかもと思っておりましたけれども。

肉体は滅びて魂だけになってどこかにいったらしい、たぶんティルナノイ?……という内容でした。

何故、そんなことまで知っているですか、あなた。

研究者だからですね、そうですね。

なんとなく……。
講釈師、見てきたようなうそをつき。
………という句を思い出したり出さなかったり。←こらーっ

臨場感あふれる良いご本でした。




そして、くまに戻る前のタルラークさんをつかまえて、問い詰め お話をお聞きしました。

使うキーワードは《シドスネッターの夜》。


会話

なんだか、かわいそうなの…。
アレルギーはエリンでも大変らしいです。
花粉症もあったりするのでしょうか。←ちがう




キーワード

新しいキーワード、《永遠の地、ティルナノイ》をいただきました。

そして、《シドスネッターの夜》が消えてしまうわけですが…。
せっかく集めたキーワードなので、全部リストになって残っていればいいのにと思いました。

コレクションします。

リストの全クリ目指します!





《永遠の地、ティルナノイ》でタルラークさんに話しかけますと…。



会話

メイブン司祭とちがって、実のある情報をいただけました。

でも、ちょっとだけお役所のタライ回しを思い出したりする飼い主。


次はダンバートンへ行けとのこと。
はあはあ…っっ!




アイラさんへGO!

羽を使ってダンバに到着。
ふよふよとアイラさんの書店へと向かいます。




会話

《永遠の地、ティルナノイ》で話しかけますと、本はあったけれども売れなくて返品したとのこと。

そもそも、よくそんな伝説の地についての本があったのです。
でも、現実世界でも、いろいろな不思議についての著書がたんまりと出回っているので、同じ感じなのかもしれません。



しばらくしてから、お返事を聞きにアイラさんの書店に行きましたが。
今度は、品切れとかで印刷しているのでできるまでお待ちください、とのこと。


これは、知っています。
ここはそば屋だったー!?←ちがう

「あの…注文したおそばはまだでしょうか」←客

「すみません、今出たところなんですよ」←お蕎麦屋さん


…………あれから永遠とも思える月日が経ち…。←うそ


またもや書店に出向き、キーワードで話しかけましたところ……。
しつこいお客に辟易したのでしょうか。
本が届いたらふくろう便でお知らせします、とお店から追い払われました。

ついでにキーワードも消滅。
すでに、ほかの方々にこれを使って話しかけようなどという無駄な気力もなくなってきた、飼い主ともりわかさま。

アルバイトをしたり、ぶたぶたから草をぬきぬきしたりして時間をつぶしますが、ねむくなってきました。
途中でダンジョンに連れ去られたりしながら、それでもじんわりとお待ちしておりますと…。

やっと、ふくろう便が。



アイラさん

ただで本をいただきました。
アイラさんは、とてもいい人です。




本

著者はレスリさんという方。


本
本
本
本
本

永遠の地と呼ばれる、ティルナノイについての考察。
おもしろかったです。




キーワード・楽園

全部読み終わりますと、キーワード《楽園》がいただけました。


今までの経緯から、すでにパターンがおわかりのことと思います。
ええ……。

また、ティルコネイルに戻れと。

そして夜のうちにタルラークさんに話しかけろと……っっ!!
はあはあはあはあ…!


とりあえず、この日のG1はこれで終了。
さようなら、さようなら…。






テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム
posted at 07:21 | G1 | TB(0) | CM(0)

crown ミレシアンの暦

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

crown 最近の出来事
crown エリン各地方の聖地
crown エリン各地方の聖地テスト

未完成どころかまだおろおろ中

どういう基準で↑のリンクが出たのか謎であります。自分で設定するには、うーんうーん

crown エリン世界案内所

まびなび

まびさーち

crown 登録してみました

FC2Blog Ranking

よろしければ、ぽちりと…どきどき

crown 公式サイトへ

ゆっくりまったりファンタジーライフ
無料オンラインゲーム マビノギ - Fantasy LIFE!

当ブログ内のマビノギに関するコンテンツ等は、画像等を含めて、すべて株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社に帰属するものとします。

Developed by devCat
Copyright (c)
Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.

crown 探す手がかり

crown ついったー

crown 著者近影

わかさまヘヴン(仮名)

Author:わかさまヘヴン(仮名)
人類もペットもまとめてひとくくりに、「かわいいです、かわいいです」と、すりすりする、いわば一族の飼い主。
写真は、ひつじ親分が身代わりに。

crown 注:画像について

現在使用中のテンプレートでは、SSの大きなサイズのものは、右側が切れて表示されます。

…が、画像をクリックすると、元のサイズの画像が別窓でぽろりとご覧いただけます。

crown エリンの日々の記録

もふに魅せられた一族の、ダメ日記

☆こちらから見れる記事は、古い順に数件ずつ出るようになっています。    ☆すべて日記ですが、「・」付きで分けられたものは、「・マビ日記」項目内には含まれていません。

crown いただいたお言葉
crown エリンの旅人たち

いらして下さってありがとうございます

crown 必要らしいもの



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。